かに通販のおみせ

かに通販のおみせにも、理由ありの商品があるって知っていましたか。

g327 (1)

いちいち説明がついているわけではないので、いったい如何なる理由でそうなっているのか、購入者にとっては大問題ですよね。
基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、大抵、大きすぎたり、他とくらべて、特別に小さいものも理由になってしまうそうです。人間と同じで、「みんな違ってみんないい」はずなのにそうではなく、他とのつりあいで外れるかにもあります。店頭に並べた時ちょっと見栄えの悪い甲羅の傷はどんなに小さくても「理由あり品」転落ポイントです。

聞いているだけで申し理由ないような気分になってきました。
余程のセレブでない限り気にもしないでしょうし、安心して購入し、思う存分カニしゃぶを堪能して下さい。蟹通販では様々な蟹が買えるので、活きた蟹とボイル済みの蟹、どちらを買ったものかとあれこれ迷ってしまう人もいると思いますが、かんがえている食べ方によって変わります。

代表的な食べ方の一つである蟹鍋の場合、既にボイルしてあるポーションタイプの蟹が楽でいいでしょう。また、最近人気になってきた蟹しゃぶの場合は、活蟹が一番いいでしょうし、鮮度が気になるなら生冷凍がいいでしょう。
どのタイプがどんな調理法に最適か掌握しておけば、商品選びにも困らず、もっと手軽に蟹通販を利用できるでしょう。かには国産と外国産で、味に違いがあるのでしょうか。実は種類によって違うようで、タラバガニならどこでとれてもまあ同じ味と認識されています。

ズワイガニは対照的です。国産と外国産ははっきり味が異なるというのが定説になっています。そもそも、ズワイガニは産地がブランド名になるくらい、他のブランドと違う味を持っており、産地による味の違いはあると考えられ、当然、外国産は相当味が違うのでしょう。

どんなかに好きの人も迷ってしまうくらい、通販はその充実に驚いてしまいます。

g327 (3)
通販初心者が調べようとすると、どれを選んでいいのかわからず写真を見るだけで時間を費やしてしまうかもしれません。

なかなか決められない方には、ネットなどの通販人気ランキングも定評のあるホームページがたくさんあります。様々な点から見て、お値打ちと言えるかにはランキング上位には欠かさず選出されています。当然です。
毛蟹を選ぶとき、いくつか注意点があります。一番のポイントは水揚げされた時期です。

寒い時期は、大きく身がぎっしり詰まった毛蟹を生で買うのに最適です。

その次に重視したいのは見た目もそうですし、触ってみた感じや手にし立ときの重みも大切です。実際に触れるなら、表面の手応えと重みがあるものを選んで下さい。

色艶のいいかにはやはり新鮮ですし、重たいかには身がぎっしり詰まっています。最後に、口コミなど評価の高いおみせで買えば、新鮮で身が詰まった個体に出会いやすいと言えます。かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。同じようなおみせばかりでこんなにも多くのおみせがあり、かにも聞いたことがある高級がにや珍しいカニしゃぶまで取り揃えてあります。

あまたのおみせの中で1番いいおみせがどこで、選ぶべ聞カニしゃぶの種類は今の時節ならどれかなど思わず頭を抱えてしまうこともあるでしょうね。

では、達人の意見を参考にしてみましょう。基準となるのは人気です。行列店と同じで利用者が多ければ多いほど売れ残りが発生しづらく新鮮なものを扱えるので、それをもとに選ぶのです。基本はたったそれだけです。
かにに限らず美味しいものを手に入れるためのキモです。人気店や人気のかにをしるのに売れ筋ランキングなどをあたってみましょう。

持ちろん、口コミも忘れずに。何回かの購入で人気と自分の好みとのギャップがはっきりしてきたら、自分の嗜好にあったカニしゃぶが思いもかけないおみせでわかってくるはずなので、きっと、世界一美味しくて自分に合ったかにと販売店に出会えるはずなのです。現在、ネットには数多くの蟹通販の業者が出店しており、活蟹や冷凍のポーションタイプなど、イロイロな形で蟹を購入できるでしょう。しかし、通販の欠点は実物を見て購入する事が出来ないことです。
蟹通販を利用したい方は、いきなり購入を決めるのではなく、ホームページのレビューの内容を入念にチェックするとよいでしょう。とはいえ、すべてのレビューがアテになるわけではありません。注意点としては、サクラを見分けられるようにする事、これに尽きます。レビュー件数が少ないのに、悪い評価がほぼなく、好評価ばかりが不自然なほど多ければ、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。

今年も蟹のシーズンがやってきましたね。

旬の蟹を食べ尽くすため、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、毎年この時期の習慣です。私が毎年必ず足を運ぶのは、旧知の知り合いが経営する、函館市内の店舗です。

ここは隠れた穴場ですよ。

g327 (4)

そこでは、水揚げされたばかりの新鮮な蟹を用いた料理に存分に舌鼓を打つ事が出来るでしょう。

もうすぐ今年もその店を訪れる事が出来ると思うと胸が躍ります。直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、北海道で決まりでしょう。実は、それには理由があって、国内で毛蟹が水揚げされているのは、北海道に限られるのが現状だからです。

その他の産地を挙げる方もいるでしょう。毛蟹を除けば日本各地にそれぞれの種類が有名な場所があることでしょう。一つの例として、ズワイガニなら松葉ガニ(山陰地方で獲ったズワイガニを特別にこう呼ぶのですが、さらに水揚げした漁港によってタグをつけることもあるようです)といわれるくらい鳥取産がおいしいことで知られています。一度はずわいがに通販を利用して堪能したいですよね!。かにのおいしい食べ方がわからない、という声もあるのですが、何といっても焼きがには最高ですよ。カニしゃぶの醍醐味を十分楽しめますよ。

焼きがにでは解凍が重要です。

表面が乾かないように、紙類で包んで、自然解凍できれば最高です。
半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。

半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、しっとりした、うま味の残るかにを食べられます。

焼くときは、水分が残るようにして下さいね。

2015年11月24日